• 社会医療法人 雪の聖母会 聖マリアヘルスケアセンター
    •  お問い合わせ  
    • 交通アクセス
  • 文字サイズ

    • 標準
    • 拡大
  • サイト内検索 

閉じる


準備中です。

人間ドック・健診

PET-CT総合がん検診

 日本人の2人に1人が「がん」になり、3人に1人は「がん」で亡くなるといわれています。日本人は男女とも「がん」が死亡原因の1位です。PET-CTは、「がん」の早期診断方法として近年最も注目されている検査であり、ほぼ全身にわたってがんの有無を精査することができます。
 実施曜日:月曜~金曜日(祝日をのぞく)
 受診時間:コースにより異なります。お申し込み時にお確かめください。

こんな方におすすめ
50歳以上の方
がんを早期発見したい方
基本料金
PET-CTのみ

96,120円(税込)

PET-CT+基本コース

129,600円(税込)

PET-CT+日帰りドック

162,000円(税込)

※「PET-CT+基本コース」に日帰りドックの受診項目を付加します。日帰りドックの検査項目である胃部レントゲンを胃カメラ検査に変更します。
PET-CT+宿泊ドック

190,080円(税込)

※「PET-CT+基本コース」に宿泊ドックの受診項目を付加します。日帰りドック同様、胃部レントゲンを胃カメラ検査に変更します。

PET-CT検査の原理

 PETとは、Positron Emission Tomography(陽電子放出断層撮影)の略です。多くのがんは、ブドウ糖を正常細胞に比べて約3~8倍多く取り込む性質があります。PET検査は、ブドウ糖の一種であるFDG(フルオロデオキシグルコース)という検査薬を静脈から注射し、がんなどの病変部への集積を撮影することで、がん細胞の活動状態などの情報を得るのに適しています(図A)。
 またCT(コンピュータ断層撮影)検査は、組織やがんの大きさ、部位などの構造的情報を得るのに適しています(図B)。
 PET-CT検査は、両者を一体化することでからだのどこに「がん」があるのか、より正確に判別することができます(図C)。


  • 図A

  • 図B

  • 図C

検査項目

項目 内容 PET-CT
のみ
PET-CT
+
基本コース
問診身体計測 問診、身長、体重、腹囲、血圧  
全身PET-CT 全身PET-CT
※オプション検査不可
超音波検査 腹部超音波
胆嚢・肝臓(脾臓含)・すい臓・腎臓
 
血清検査 CRP  
腫瘍マーカー 【膵臓がん検査】CA19-9  
【前立腺がん検査】PSA ※男性のみ  
【乳がん検査】CA15-3(乳腺) ※女性のみ  
【卵巣がん検査】CA125 ※女性のみ  
【大腸がん検査】CEA  
【肝臓がん検査】AFP  
【食道がん検査】CYFRA、SCC  
便検査 潜血反応(2日法)  

※注意事項

  • 1.血糖値が高い場合(200mg/dl以上)は、検査ができない場合があります。主治医にご相談ください。
  • 2.服薬中の方は、原則としてPET検査受付の4時間前より服用しないでください。服薬の必要がある場合には、主治医とご相談ください。インシュリン投与中の方は検査終了後に注射していただきますので、ご持参願います。

予約方法

以下の番号にお電話ください。

このページの上へ